Discography – 波多江崇行のアルバム

リーダーアルバム、参加アルバムのご紹介です。

Minister(ミニスター) 波多江崇行カルテット

70726f647563742f32303134313232335f3131653031342e6a7067003235300000660066

福岡で活動を続けるギタリスト、波多江崇行。先日、福岡中洲 RIVERSIDEで沖至をリーダーとするライブ演奏で、このギタリストのギター演奏を目にした。孤高のトランペッター、沖至のバックでの演奏は、その場の空気を的確に捉える確かな実力を感じさせる即興ギター演奏だった。

その波多江崇行の新譜がこれ、「Minister」だ。先日のライブでの演奏とは又、違う表情を捉えた録音であり、現在の波多江崇行のすべてが込められているといっていい渾身の一枚。

このギタリストの個性が一番良く現れていると思わせるタイトル曲から音楽は始まる。牧歌的でメロディ感覚に優れたフレーズが、澱みなく自然に流れ、てらいのない自然な情景の描写が何ともいえない風合い。トロンボーン、ベース、ドラムスとそれぞれ違った色彩が絶妙に混ざり合い、独特のマイルドな世界が形作られる。

その後も緩急をつけながら時にシャープに、時に急ぎ足に、時にゆるやかに、と基本、流線的なしなやかなサウンドを保ちつつ、 ブルース的味わいや、スリリングな交歓をはさみながら、迷いなく突き進む姿勢が実に新鮮。弦楽器としてのギター・サウンドの魅力を中庸なトロンボーン吹奏との語らいでじっくり聴かせてくれるところなど、日本人ならではの牧歌性がうまく表現されている。アルコ・ベースの取り入れ方も絶妙。瞬間瞬間のツボを押さえ、一体化していくドラムのこのグループならではのリズム感覚が心地好い。

起承転結の構成もしっかりしたプロデュース力で、日本のジャズの今日的個性がキラリと光る好盤。福岡で芸術家が息づく地域、糸島から地道に音楽を発信する波多江崇行。今後の活動にも目が離せない。

1. minister
2. rocinante
3. puddle
4. agricultural ceremony
5. wind
6. fetal movement
7. vampire
8. fogbound
9. can’t make kids pay

波多江 崇行 (GUITAR)
久保 盟(TROMBONE)
小野 としたか (BASS)
上村 計一郎 (DRUMS)

2014年9月21日22日 録音
*波多江 崇行による、メンバー紹介,曲目解説付

Catfish Records “Minister”のページ

FUKUOKA REVELATION ENSEMBLE
LIVE AT “RIVERSIDE”[JOYFUL NOISE 003]

70726f647563742f32303133303730345f3464333632382e6a7067003235300000660066

★元フェダインの人気テナーサックス奏者:川下直広を中心とした、福岡で活躍する強者インプロヴァイザー4人による一団:F.R.E.の、中洲リバーサイドでのライヴの模様を収めた渾身のフリー即興集。
●濃い口の情魂味を熱くほとばしらせながらダイナミック&フリーキーにイキイキと猛り吠えまくる、屈強で超軒昂なテナーサックスの大立ち回り攻勢!を中心として、威勢のよさ抜群のアブストラクトかつスピリチュアルな躍動的熱演が実に歯切れよくも骨太く、壮快に展開される高揚内容。
不穏でサスペンスフルな無調っぽいリアル・インタープレイ交感的行き方や、ノリのいいリズミカルなビートに乗せた協調型〜アンサンブル指向のグルーヴ路線、更には、落ち着いたバラード趣向と怪しい小競り合いバトルの混合展開など、スタイルは適宜多様に変化してキッチリとメリハリがつけられながらの、現代硬派フリー・ジャズの一典型らしい、烈しくも掴みやすい情緒性に溢れたエモーショナルな道程が形作られてゆき、各人の、腰の据わった完全燃焼のインプロ奮戦が、密度濃く鮮烈に見せ場を分け合ってゆく。
川下の、身を絞り切るような生々しい切迫感や強靱さと、どこかしらレイジーorデカダンなけだるさや脱力感、が絶妙に入り混じった、滑脱で表情豊かなエネルギッシュ・ブローイングが、さすが堂々たる貫祿でダントツに際立っている他、波多江の、ザラついた濁り感と澄んだ潤いを表裏一体化させた中々アジなトーンによる、ノイジーでありグルーヴィー・テイスティーでもあるニュアンス濃やかな機動的プレイ、も好インパクト。

1. Part 1 : Opening
2. Part 2 : Groove
3. Part 3 : Quiet Feelings
4. Part 4 : Last

川下 直広 Naohiro Kawashita(ts)
波多江 崇行 Takayuki Hatae(g)
みやい さとし Satoshi Miyai(b)
武井 庸郎 Tsuneo Takei(ds)

2013年3月13日 福岡”Riverside”でのライヴ録音

レーベル:Joyful Noise

Catfish Records “Fukuoka Revelation Ensemble”のページ

現在はministerとfukuoka revelation ensembleというバンドでcdを出しています。

サイトとからもご注文が可能です。 お問合せ >>

庄田次郎 

live at delsol cafe&Mukyoan

表

 

日本フリージャズミュージシャンの一人である庄田次郎の生誕67周年記念九州tourのlive録音。全曲即興演奏であるが即興演奏とは想像できない構成力で展開していくグルーヴの渦は圧巻!!by IMCF

1曲目は2016年4月30日の八幡delsol cafeでのlive録音

庄田次郎(tp,sax and more instruments)

川下直広(ts,violin)

波多江崇行(gt)

上村計一郎(dr)

2曲目は夢境庵という陶芸家の家でのlive録音

庄田次郎、波多江崇行、上村計一郎

上記のアルバムはジャズ批評2017年3月号のディスクレビューにも掲載された。参加ミュージシャンもしくはamazonで入手可能。

Fujikawa,Hatae&munro   ECLIPSE

fujikawa,hatae,munro

 

1.magnetic loss

2.blue afternoon

3.eclipse part1(silence)

4.eclipse part2(regression)

5.eclipse part3(eclipse)

2016年東京のour houseでギターとジャンべを録音し、ベルリンの音響派の重鎮1605munroがmixを手掛けた近未来を想像させる作品。テクノ、ノイズ、アンビエントミュージックが見事に融合されている。

by munropark

参加ミュージシャンもしくはamazonで購入可能。

TOKU /Dear Mr.SINATRA

toku sinatora

 

日本で唯一のヴォーカル&フリューゲルホーンプレイヤーTOKUのフランクシナトラ生誕100周年アルバム。by SONY

ゲストにロンカーター、別所哲也、ZEEBRA等を迎えて最高のジャズエンタテイメント全12曲を収録。

収録曲の2.I`ve got you under my skinと9.for once in my lifeにAdvanced music galleryというリーダー日高潤也のbigbandで参加している。

TOKU /Mr.SINATRA

special edition

toku sinatora sp

 

TOKUの2015年録音の「Dear Mr.SINATRA」に新トラック「New York, New York」を新たにAdvanced music galleryをフィーチャーして新規レコーディング。TOKUのオリジナルソングの計二曲おを追加の期間生産限定盤。by SONY

 

波多江崇行&加藤崇之

Ocean Voice

 

ocean voice

 

海の声に導かれるままに描いた2017年3月1日博多riversideでのlive録音。

by IMCF

九州中心に活動している波多江崇行と日本が誇る最高峰のguitarist加藤崇之との九州tourのlive録音。

ツアー中に波多江が良く行く海岸に加藤崇之を案内した時のこと。

ごみを拾ってくださいと海から聴こえたような気がして手に持てるだけのごみを拾ったその夜が博多riversideでのえんそうであった。

演奏しているとありがとうと声が聴こえてきていろんな風景を案内してくれたという。休憩中にその出来事を加藤氏に話すと「俺も海のことを考えていたよ」と話され2ndも導かれるままに二人は思い描いた。

その日以降、海の声が再び現れることはなかった。

海の偉大さ、狂気、怒り、秘密、美しさが見事に表現されたノイズ、フリージャズの新境地!!!

波多江崇行(guitar&effects)

加藤崇之(guitar&effects)

CD1

1.secret views 

2.wisper

CD2

1.ocean voice

2.message

3.see you again

参加ミュージシャン、amazonから入手可能。

波多江崇行/川下直広/小山彰太

Parhelic circles

parhelic表

2017年5月上記メンバーによる九州ツアー糸島greenchordでのlive録音

by 地底レコード

ライナーノーツにオフノートの神谷一義が担当。

1.parhelic circles

2.parhelic circles

3.mary hartman,mary hartman you`ve got it made

波多江崇行(gt)

川下直広(ts)

小山彰太(dr)

bigbandで使われるピックギターgibson L48を使用してのノンエフェクトでジャズエッセンス満載の作品はfree jazzに聴きなじみのないリスナーにも聴きやすい作品。

今時では珍しいメジャーなレーベルからの即興演奏中心の作品

2017年Jazz life 11月号, Jazz japan87号, Music magagine 11月号

CD jouanal 11月号掲載され好評を博す。

参加ミュージシャン、amazonから入手可能。

 下記は波多江崇行のCD内に掲載されいる文章

「幻日環の輝きが新たな光を照らす」

 本作品は2017年5月川下直広ts氏と小山彰太dr氏と九州内ツアーした際の5/1糸島green chordでのlive録音です。

ツアー中「この音源を形にできたら」という想いが通じて地底レコードさんとのご縁を授かり、この度リリースする運びとなりました。

 parhelic circleとは天頂を中心として太陽を通る光の輪が見られる大気光学現象のことです。太陽の周りに発生する光の輪はなんとも幻想的でいつかこの現象をタイトルにしたアルバムを作りたいと思ってました。

 各々が持つ希望の光、夢の光は誰にも邪魔することはできません、現実にその光を邪魔しようとしても遮ろうとしてもその光は幻と変容し掴むことすらできません。

ですから一人一人が夢を持って生きてほしい、明るい未来にしていくために考えることをやめないでほしいという願いをparhelic circleに込めました。

 アルバムジャケットの幻日環は先輩達からの光、人間一人一人の希望の光、これから生を受け未来を担うものへ託された光、この三つの幻日環が重なり合うデザインとしています。

 この度は三人での演奏の記録が形として残すことができたことを心より感謝すると共に、アルバムを聴いてくださっている皆様の光が大きく輝きに満ちていきますよう心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

LESSON

LESSONレッスン

ジャズギターをはじめ、他ジャンルのギター演奏、ジャズ理論やバンドアンサンブルも対応できます。

MUSIC EVENT

MUSIC EVENT音楽イベント

音楽イベントに関しては、企画、演出からミュージシャン、PAのブッキングなどを行います。

PERFORMANCE

PERFORMANCE演奏

各種イベント、パーティー、伴奏などお気軽にお問合せください。地元ミュージシャンのブッキングも可能です。

COMPOSITION

COMPOSITION作曲

生まれてくるお子様のための「胎教音楽」から、大切な人へ曲を贈る楽曲制作など、コンセプトに応じた作曲、音楽制作を行います。